軽自動車 査定

軽自動車の査定は意外と高い!?

以下の軽自動車の査定事例を見て下さい。

 

    

 

  ワゴンR 3年落ち 30,000km 70万円
  ジムニー 6年落ち 70,000km 30万円
  アルトラパン 9年落ち 50,000km 40万円
  ミラジーノ 5年落ち 15,000km 80万円
  タント 6年落ち 40,000km 79万円
  ムーブ 9年落ち 35,000km 26万円
  *車名/年式/走行距離/査定額

 

普通車の場合、「3年落ちで半額、5年落ちで3分の1、10年落ちで0円」なんてよく言われますが、そこから考えると異例の高さですね。

 

軽自動車は、価格帯も維持費も安く、扱いやすい車としてとても人気があります。
そのため、意外なほど中古車相場は高く、売買は活発に行われています。

 

ただ、上記の事例は高額な査定結果が出た場合です。
作戦を立てずに査定しに行っても、簡単に出せる結果ではありません。
中古車専門店をしっかり選ぶ事が重要になります。

 

中古車専門店選びはとても大事

ディーラーなどの下取りよりも、中古車専門店に売ったほうが高く売れる確率が圧倒的に高い。
この事が今では広く知られるようになりました。

 

ただ、中古車店ならどこでも高い査定を出してくるわけではありません。
どの業者を選ぶかで愛車の売値は変わるため、

  • 有名な業者に直接売る
  • 知人がオススメしていた業者に売る
  • 以前売った時と同じ業者に売る

こうした方法で売ってしまうと、もっと高く売る事が出来たはずの車を安く手放す結果になる事があります。

 

価格帯が低めの軽自動車とはいっても、業者によって十万円以上も査定額が違う事も多いのです。

 

安売りする事を避けて、どこよりも高い業者に売る、その鍵となるのが無料サービス一括査定です。

軽自動車の高額査定を狙うためには?

一括査定を使うと、複数の中古車店の査定額を素早く比較できます。
1つ申し込みすると、3社〜5社くらいに査定を依頼する事が出来ます。

 

一括査定を利用する時には、自分の車の情報を入力して申し込みをします。
業者は、自分の車の情報を知っていて出張査定してくれるので、買取に積極的です。
やる気がないショップが自然と排除できるところがとても便利です。
高く売るためには、このサービスを使ったほうが、確実で楽なのです。

 

軽自動車はとても需要があって、ほしい人はたくさんいます。
小型なので保管がしやすく売れやすいので、多くの中古車店にとっても、取り扱いをしたい車です。
それだけに、軽自動車は業者から高額査定を引き出しやすいタイプです。

 

さらに、一括査定では複数のショップが比較される前提なので、1つの車を取り合うオークションのような状況が作られます。
業者同士が価格競争になって、平均的に高めの査定が出やすくなります。

この一括査定を使って、愛車を最も高く買取る業者を、スピーディーに探す・・・
そのテクニックは以下で解説します。

軽自動車をスピーディーに高い査定を引き出すテクニック

これから解説するのは、素早く車を高く売るテクニックであると同時に、手順にもなります。
@〜Cが大事なポイントになりますので参考にしてみてください。

 

1 3つの一括査定を同時に利用する

 

一括査定の説明をする男性

 

同じ一括査定サービスに登録する業者同士は、何度も競い合っている関係だけに、お互いの癖や傾向などをかなり理解しています。
「あの店舗はスポーツカーに弱いから、ビートならあまり高い査定は出せないだろう、だからうちは□□円で買取できそうだ」
こういった作戦が立てられます。
業者はなるべく安く買取したいわけですから、ライバルの状況も考えた上で査定を出してきます。

 

そのため、利用する一括査定サービスが1つだけだと、本当の価格競争にはなりにくいです。
それに、1つの一括査定サービスで比較できる業者の数は、3社〜5社と少し足りません。

 

でも、3つのサービスを同時に使うとどうでしょうか?
業者は、自社が登録していない一括査定の事は把握していません。
対峙した事が無いショップがライバルになりますので、先程のように、いくらの査定を出してくるのか予想が出来ません。
そのため、最初から高めの査定を出しておかないと、他社に負けてしまいます。
安く買取したい業者の考えは、一括査定を複数使うだけで崩されてしまいます。
それに、3つのサービスを使うと、7社〜20社くらいのショップを選定出来ます。
この中から積極的で高く買ってくれそうなショップを、5社〜10社程度選んで査定してもらえば、必ず高い査定を引き出せます。
軽自動車は人気があるので、さらに競争が激しくなります。

 

そのため、一括査定を複数使う事で、高額査定が出やすい環境になるのです。

 

2 メールを上手に活用して業者の対応をする

 

【電話はあまり出られないためメール対応を希望】と、一括査定の登録画面のフリースペースに書いたり、連絡が来た業者に直接伝えるなどして、電話ではなくメールでやりとりを進めていきましょう。
多くのショップとやり取りをする時に、電話だとメモするのが大変ですし、しばらく電話ばかりする事になります。

 

こちらが知りたい情報は、
「概算で買取価格はどのくらいになりそうなのか」「出張査定の日時を決める」「査定結果の連絡をもらう」
この3点です。

 

メモをする事なく、手を止めて電話に出る必要もないので、メールを使うとすごく便利になりました。

 

3 有望な業者を絞って査定してもらう

 

査定してもらうショップは多ければ多いほど、高額査定に出会う可能性が高くなります。
ただ、全てのショップに査定してもらうのはすごく大変なので、あまり効率的ではないですよね。
そのため、出張査定してもらうショップは、5社〜10社程度に絞り込むのがおすすめです。

 

絞り込む基準は3点。

  • 概算の査定額が高い
  • 対応が丁寧
  • 軽自動車の取り扱いをメインにしている

もし業者数が多すぎた場合、この3つを基準に絞り込みをすると、有力なショップを確保したうえで査定の数を減らす事が出来ます。
少ない手間で最大の効果をあげられますので、ぜひチェックしておいてください。

 

あと、「業者の今日決めてくれたら高く買う営業」には乗らないようにした方がいいです。
他社の査定が出る前にそういう話になると、車を安売りしてしまいかねません。
必ず、全ての査定結果が出てから対応するようにしてください。

 

4 値上げ交渉

 

全てのショップの査定結果が揃ったら、一番高かった査定を、ナンバー2以下のショップ伝えて値上げ交渉する事も出来ます。
業者によっては、交渉に積極的なところもあります。

 

「◯業者さんがこの金額なのですが、もっと高い査定は出せますか?」
こんな感じで話をしてみると、高い金額が出て来る事もあります。

 

ここまでの要点を抑えておけば、安売りしてしまう事は無くなるでしょう。

優良一括査定サービス

下記のサービスはお互い違う業者と提携しているなど、相性が良いです。
「かんたん→ズバット→カーセンサー」の順番で登録するとやりやすいです。
業者数が多く、チェックボックスで選択が出来るカーセンサーを最後に利用するのがポイントです。

 

 

かんたん車査定ガイド

登録後すぐに、過去のデータを元にした概算金額が画面に表示されます。
これは出張査定を依頼する業者を絞るための目安になるので、最初にこのサービスに登録するのがオススメです。

 

 

ズバット車買取比較

運営元はウェブクルー。
しっかり審査基準を満たした優良業者をスムーズに比較できる優良サービスです。

 

カーセンサー

カーセンサーのみ、査定依頼ができる業者が自由に選べます。
ですから上の2サービスを使って漏れていた業者をカーセンサーで拾う感じにするとベストです。